合宿免許で短期間で確実に

夏休みのような長期にわたる休みは、学生にとって自動車免許を取得するための良いタイミングとなります。

しかし、だらだらと教習所に通っていると、夏休み中に卒業できない可能性もあります。

通常、通学の場合の卒業の目安は1か月半程度かかります。
そのためのんびりしていると、夏休みが終わってしまうこともありえます。

短期間で確実に免許を取得したければ、通学ではなく、合宿免許を選ぶのも手です。合宿免許というのは、その名の通り合宿しながら短期間集中して運転の練習をし、短期間で卒業することができるシステムのことで、地方の教習所などを中心に行われています。

もともとは、近所に教習所がない方のために考えられたシステムと言われていますが、最近では学生を中心として、短期間で楽しく、また格安に自動車免許を取得する手段として合宿免許は人気があるようです。
卒業までの日数は、通常2週間程度です。



つまり、通学の3分の1程度の時間で卒業することができるわけです。



1日に数時間の練習が組まれているので、ハードであることは確かです。

しかし、間隔を開けて練習するようりも、上達が早いと言われています。

実技の練習の合間に、学科の講義も受けることになります。


合宿免許を卒業した後は、自動車免許の試験を受けに行くことになりますが、試験は住民票がある場所でしか受けることができませんので、地元に帰ってから受けることになります。

合宿免許情報を網羅した総合サイトです。

そのための手続きは自分で行わなければなりません。